1号認定、2号認定(短時間)、2号認定(標準時間)は、条件を満たしていれば、利用者のニーズによってどの認定を申請するのかを選択することが出来ます。


申請を選択できます.png