新型コロナウィルスにおける園の対応(時系列)

HOME | 新型コロナウィルスにおける園の対応(時系列)

対応の状況

日にち 状       況 内   容
3月2日(火) 濃厚接触者1名が確認 濃厚接触者は前日午後から在宅勤務
  登園自粛を保護者にお願い  全館消毒を行う
3月3日(水) すべての園児・職員の幅広のPCR検査を保健所に要請
保健所:来園者数名・職員4名のみ幅広のPCR検査を決める(濃厚接触者なし)
  PCR検査の結果陽性者1名  
  3月4日の臨時休園決定 全館消毒を行う
3月4日(木) 職員1名(PCR検査予定者)
から咳の症状
保健所に職員全員のPCR検査を要請

より迅速に検査ができるため、民間の病院にて2名の職員(幅広のPCR検査予定者)がPCR検査を受ける

 

職員2名のPCR検査の結果
1名陽性、1名陰性

保健所:職員全員のPCR検査を決める(濃厚接触者なし)
また、念のため幅広のPCR検査をクラス単位にするか検討(状況により範囲が変わる可能性があるため結果を待つ)
  全職員のPCR検査の結果
3名陽性、他陰性
保健所:すべての園児に幅広のPCR検査を決める(濃厚接触者なし)
  臨時休園をを3月6日まで延長  
3月5日(金) 学童保育の利用者に対し幅広のPCR検査を要請 保健所:学童保育の利用者に対し幅広のPCR検査を決定
  職員3名が濃厚接触者と特定 保健所:行動履歴から鑑みて職員3名を濃厚接触者とする
  臨時休園を3月8日まで延長 3月7日の結果が出るまで時間を要し、結果を受けて保健所や町と対応を協議する必要があるため
3月6日(土) 職員1名風邪症状によりPCR検査を受ける。
結果陰性
 
  職員1名濃厚接触者に特定 保健所:職員の行動履歴等から再検討した濃厚接触者と特定(PCR検査済)
  幼稚園にてPCR検査 保健所:全園児・学童PCR検査を実施
3月7日(日)
幼稚園にてPCR検査

保健所:全園児・学童PCR検査を実施

  PCR検査の結果 
園児3名陽性、他すべて陰性
保健所:新たに42名を濃厚接触者とする(ただし陽性反応が6,7日で一番強く出るPCR検査にて陰性のため再検査はしない)
  3月6日(土)に濃厚接触者と特定された職員がPCR検査を受ける。結果陰性
 
  職員1名:咳の症状を保健所に相談する 保健所:すでにPCR検査を終えているため様子を見ると判断
3月8日(月) 臨時休園を17日まで延長 園:個別に子どもの健康状態を確認する。また、感染が収束するまで休園延長をお願いする。
  職員1名のPCR検査の結果陽性 咳症状を訴えた職員1名(3月7日相談者)民間の病院にてPCR検査を受ける
    保健所:結果を受け再度調査。園児・職員、累計107名を濃厚接触者とする
3月9日(火) 職員15名のPCR検査の結果
1名陽性、14名陰性
保健所:結果を受け再度調査。職員10名を濃厚接触者とする
3月10日(水) 園児4名のPCR検査の結果
4名とも陰性
保健所:体調不良を訴えた園児4名を対象に2度目のPCR検査する
3月11日(木) 買い物が困難な家庭や家庭内の感染防止に多々配慮が必要なことから鷹栖町に救援物資の支援を要望  
3月12日(金) 職員2名、園児2名のPCR検査の結果 職員1名陽性、職員1名、園児2名陰性 保健所:職員2名(1名嗅覚・味覚異常、1名症状なし、園児2名(1名発熱、1名症状なし)をPCR検査する
濃厚接触者の特定は保健所で協議中
  鷹栖町長に再度物資の支援を要請 鷹栖町:要望に応じ、早急に物資の用意(具体的な物資の内容は園で選定する方がよいとの判断)、配布を指示
   行政支援物資の内容は、消毒用アルコール・次亜塩素酸系漂白剤など10品目を1家庭に1セット ※消毒用アルコール等計10品目の納入について
株式会社ツルハ様が迅速に対応して下さいました。近隣の店舗の在庫状況を調べ、各店舗から在庫を集め、当日中に約140世帯分の納入完了
3月13日(土) 行政支援物資の配布 鷹栖町役場の職員が中心となり、支援物資を配布して下さいました
3月14日(日) 行政支援物資の配布 鷹栖町役場の職員が中心となり、支援物資を配布して下さいました
3月15日(月) 町による全館・スクールバスの消毒 鷹栖町:旭川の専門業者による全館・スクールバス消毒を行う
  職員3名のPCR検査の結果
3名とも陰性
保健所:職員3名(1名嗅覚・微熱、喉痛、2名症状なし)をPCR検査する
3月16日(火) 町による全館・スクールバスの消毒 鷹栖町:旭川の専門業者による全館・スクールバス消毒を行う
3月17日(水) 保健所立入検査 保健所:園の消毒状況や今後の改善策を指示
3月18日(木) 幼稚園を再開する  
3月26日(金)  保健所からの新型コロナウイルス対策終了となる 北海道の規定により、最後の感染から2週間で対策終了となる
旭川市は4週間後に終息宣言となるが、上川管内はこれにあたらない

 濃厚接触者の特定について

濃厚接触者の特定は感染の動向をみて保健所が判断します。
保健所に問い合わせたところ、動向を見て判断するのでこれ以上濃厚接触者が増えないとは言い切れないようです。
相談や問い合わせは保健所のほうに直接ご連絡ください。
 
現在濃厚接触者と特定されている人について、6日、7日のPCR検査はすべて陰性になっております。園関係者との2日、もしくは3日に接触し感染したのであれば6日、7日で反応が強く出るため、この検査で陰性だった人について再検査は行わないとのことです。2週間の間で咳や熱、風邪症状が出た場合は保健所の判断でPCR検査を行うことになりますので、下記に連絡ください。
 
上川保健所:電話0166-46-5992
 

 ご家族が「濃厚接触者」または「感染者」となった場合の対応について

ご家庭での過ごし方に、お悩みになったり、お困りの方も少なくないと思います。
ご参考までにお役に立てそうなサイトをご紹介します。

厚生労働省HPを参考に作られたものです。
http://www.city.ushiku.lg.jp/data/doc/1606460628_doc_51_0.pdf
                   (茨城県牛久市HPより)

ご家庭で過ごす中で、お子様もストレスを抱え、保護者の皆様も気苦労が絶えないことと思います。
どうぞ、お子様のご様子に目を向けられるとともに、保護者の皆様ご自身のお体もご自愛のほど、お過ごしください。