感染症にかかった時は…

感染症は、お子さんの症状が消失した状態となった後でもウイルスが排出されている可能性があります。そのため、ウィルスを持った状態で集団生活に戻ると周りのお子さんが感染してしまう場合があります。
感染症にかかったお子さんについては、出席停止期間の間お休みいただきますと、お子さんが十分療養できるだけでなく他のお子さんへの感染症の拡大を防ぐことができます。



疾病名 潜伏期間 登園できない期間
●麻しん(はしか) 9~12日 解熱後3日を経過
●風しん(三日はしか) 2~3週  発疹が消失するまで
●水痘(水ぼうそう) 2~3週
発疹がかさぶたになるまで
●流行性耳下腺炎         (おたふくかぜ) 2~3週 耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫張が発現した後5日が経過し、全身状態が良好になるまで
●インフルエンザ 1~3日 発症した後5日が経過し、かつ、解熱した後3日を経過するまで
●百日咳 1~2週 特有の咳が消失するまで、又は5日間の適正な抗生物質製剤による治療が終了するまで
●結核 2~3か月 感染の恐れがないと認めるまで
●溶連菌感染症
2~7日 主要症状が消失するまで
伝染性膿痂疹(とびひ) 1~2日 治療していれば登園可能(プールは控える)
●マイコプラズマ肺炎 1~3週 主要症状が消失するまで
突発性発疹 8~14日 解熱するまで
●ウィルス性胃腸炎        (ノロ・ロタの場合)  1~3日 症状が治まり全身状態が良くなるまで
手足口病 3~7日 全身状態が良ければ登園可
伝染性紅斑(りんご病) 1~4週 全身状態が良ければ登園可
●ヘルパンギーナ 2~5日 解熱するまで
●咽頭結膜熱(プール熱) 5~7日 主要症状が消失した後2日経過するまで
流行性結膜炎 4~7日 主要症状が消失するまで
伝染性軟属腫(水いぼ) 1~2か月 登園可
●腸管出血性大腸菌感染症 3~8日 伝染の恐れがないと認めるまで

※●のついている疾病の場合は、出席停止用紙の提出が必要になります。また、上記にの日数はおおよその目安です。診断、治療、登園時期についてはかかりつけの医師にご相談ください。
※インフルエンザに感染した場合について、医師から登園可能な日を事前に指導されますので、保護者の方が記入し申告してください。(インフルエンザ用の様式になります)

出席停止用紙のダウンロード

LinkIcon感染連絡票PDFLinkIcon感染連絡票word

出席停止用紙(インフルエンザ用)のダウンロード

LinkIconインフルエンザ用PDFLinkIconインフルエンザ用word